2014年12月04日

腸閉塞の手術

11月28日。入院4日目。腸閉塞の手術当日。朝から手術に向けた検査は続く。午後1時に先生から手術の説明を受ける。
手術の説明はシンプルで、前にも書いたけど、「前の手術の影響による癒着」がないので、腸閉塞の原因は現時点では不明ということと、腹腔鏡で内部をみて、腹腔鏡で処理できれば処置するし、無理ならおへその辺りで切って開いて処置する可能性もあるというそんな感じ。ただ、先生の経験として、同じように腹部の手術経験のない人の腸閉塞を今年だけで3〜4名診たけれど、全員同じ原因で、糸のようなもの(医学的に何て言うのか知らない)が腸にからんでなっている可能性が高いとのこと。言われて見ればCTにもそれらしき物が写っていた。もし、それが原因なら比較的簡単に処置できるとのこと。

手術の説明に納得したところで、手術着に着替えたり着々と準備が進む。で、「14:45に手術室に入るので、14:35に部屋を出る。それまでにトイレに行っておいて下さい」と言われる。いよいよな感じ。
手術室には車イスで向い、歩いて入室して、自力で台の上に寝た。麻酔は全身麻酔だったんだけど、あれって不思議な感覚なんだよね。時間がワープするというか。意識がなくなって、戻ったらもう手術終わっているというか何というか。今回もそんな感じ。「ゆっくり深呼吸して下さい」と言われて2回くらい深呼吸したところからもう記憶がない。で、気がついたら手術は終わっていて、手術室の手術台の上にいるままだった。
手術そのものは先生いわく45分で終わったらしい。妻いわく2時間弱くらい待ったらしいので、やっぱり麻酔をかける時間と解く時間を合わせてそんな感じなのかな?よくわかってない。手術としてはやっぱり糸状のものが腸にからんでいたので、それを腹腔鏡で処置したらしい。腹腔鏡のみで対処できたので、切ってはなく、これがこの後の回復にも大きな意味を持つことになった(ようだ)。

手術後の状態は、まあ、いつものことで、酸素マスク、鼻からNG、尿を取る管、点滴、左手に酸素飽和度を測る装置がついてた。まあ、でも、必要最小限のものしか着いていないとも言える。ドレーンとかなかったし。酸素マスクはすぐに取ってもらえた。
手術当日もまたよく寝れなかったなあ。腹腔鏡とは言え、お腹に3箇所穴があいていて、それはやっぱり少し痛いから、体がさほど自由に動かせるわけではなく、寝返りを打つのも一苦労という状態だし、寝つけなかった。一応、寝れるように点滴で薬を入れてもらったが寝れず、ほぼ一晩起きていたと思う。あれ、退屈というか何というか、結構辛いのよねえ。

11月29日。入院5日目。朝の回診でNGと尿を取る管を取ってもらえる。一気に楽になる。NGはとっても邪魔だったから嬉しかった。午前に着替えて、普通の病室に戻る。残ったのは点滴だけという状態になる。部屋では有料だけど(1分1円)TVを見ながらのんびり過ごせる状態になる。暇なので、妻に将棋の本を持ってきてもらうように頼むが手違いがあれこれあって、結局将棋の本は退院まで私の手元に届かず。しょうがないので、近くのコンビニでパズルの雑誌を買ってきてもらい、それを解いて暇をつぶす。

この後は経過は順調で、術後の検査が少々あったくらいで、11月30日から流動食が始まり、12月1日は5分粥になって、それはすぐに全粥になって、食事はペロリとたいらげた。
あとは事務手続き的な話として、会社に出すための診断書を書いてもらい、それも退院する日に無事に受け取ることができた。

てな感じで、経過も順調ということで、12月3日の午後には無事に退院できた。少し自宅療養して職場に復帰の予定。今のところは、まだ胃がこなれていないというか、絶食状態から普通の状態に戻っていない感じで消化の良いものをゆっくり食べつつ回復を待っている感じ。

posted by shadow at 11:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変お疲れ様でした。体に負担の少ない対処で根本原因に対処できたようで何よりです。ごゆっくり療養下さい。
Posted by 'B' at 2014年12月08日 00:39
ありがとうございます。腹腔鏡で済んだのはラッキーだったと思ってます。まだ、胃腸が元に戻ってない感じですが、ゆっくりと回復させていきたいと思います。
Posted by shadow at 2014年12月08日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。