2014年04月13日

学習塾でのマジックショー

今さらながら、3月に行ってきた毎年恒例の学習塾のマジックショーについて書いておく。書いておかないとい来年自分で困るので。毎年「去年は何やったっけ?」と見直してから演目考えているから。いつもながら20分弱くらいやった。で、これもいつもながらメンタルマジック全開で。今年の演目は以下。

(1)フリーダイヤル
(2)クロノログ
(3)テクニカラーバンクナイト
(4)プロスペローの本
(5)フォーシングパッドを使った予言

20分で5演目はまあ、演出もいれればそんなもんかという気がする。いつも予言に偏るので今回はちょっとバランス取ってみたつもり。まあ、それでも予言が多いのだが、こればっかりはレパートリーがそうなのでしょうがなく。
どの演目も過去にやったことあるものばかりであり、そういう意味では新鮮味はないかな。まあ、あまり無理をする必要性を感じなかったので、無難というかやり慣れたところでまとめてみた。

(1)はこの学習塾でのショーでは定番となりつつあるネタで道具が小さいのが難点だが、それなりに演出を入れれば十分いけていると思っている。かなり驚かれるいいネタだと思って愛用している。

(2)は、普段の毎月のマジックショーでもよくやっているネタであり、あまり言うことはないかなあ。手堅いネタだと思っている。

(3)もこのショーでは定番になっているネタ。サッカートリック風なのが楽しいところ。演出は完全にテクニカラープリディクションなのだが、カジュアルな雰囲気が出る気がして財布で演じるのはお気に入り。実は去年は失敗したのだが今年は大丈夫だった。

(4)は以前にも試したことがあって、荷物がかさばるのちょっと嫌でしばらく封印していたが、予言以外の現象を入れたくて今回復活させてみた。かさばると言っても本2冊用意するだけなんだけどね。うーん、反応が微妙だった気が。演出がうまくいっていないのか、それほど不思議に見えないのか。まあ、よく考えると、「なぜ本2冊いるの?」という話もありそうで、その辺が微妙か?本を渡して適当なページを開いて、読んでもらって…とやるのが自然だと思われればその通りという気がする。演出を工夫するか、そういう手順でもできるのにするか(一応、あることにはあるので)。ここら辺は課題かな。予言以外の現象を増やすという意味での課題でもあるし。

(5)は、もうこのショーでのトリとしていつも愛用していて、まあ、反応の濃さ薄さが毎年結構バラついていて(そもそも演出が安定してなくて)、安定していない感はあるが、現象としては面白いので気に入って毎年やっている。

うーむ、新ネタがないので、あまり書くことがない。とりあえず、(4)のところをどう考えるかが課題。予言以外でいいネタないかねえ。来年に向けて(ってちょっと気が長い?)何かネタを用意したいところ。

posted by shadow at 00:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の全国オフ(大阪)は参加されましたか?

今年こそはと意気込んでいましたが、残念ながらスケジュールが合わず断念しました。

さて、フリーダイヤルですが、どのような手順でやられてるのですか?
附属DVDの内容ではやる気がせず、かといって良い手順も思いつかず・・・
参考になればと思い、思わず書き込みさせてもらいました。(笑)
Posted by EBINA at 2014年06月25日 21:54
私も全国オフは参加できませんでした。
フリーダイヤルの手順は前にもどこかに書いたような気もしますが、テレパシー的な見せ方をしてます。
まず、普通に鍵の説明をして(番号を変更可能でその番号でしか開かないこと)、マジシャンが適当な番号にセットして(番号は秘密)、観客に鍵を渡して、「指を鳴らすと4桁の番号が頭に浮かぶ」と言って、指を鳴らして、番号を言わせて、その番号で鍵が開くという手順です。マジシャンしか知らない番号を観客に伝えるという演出(のつもり)です。
参考になれば。
Posted by shadow at 2014年06月25日 22:20
いつもこのサイトのレビューを参考にさせて頂いてます。

手順の説明ありがとうございます。
やはり、鍵の事前説明は必要なのでしょうかね?
この説明を省略することが出来れば、色々なバリエーションで使用できるのになぁーと思ってました。
もう一度DVDでも見直してみて、自分なりの手順を考えてみます。
(元はとらなければ・・・)笑
Posted by EBINA at 2014年06月28日 11:17
鍵の事前説明は必要だと私は思っています。現象が起きる前に少なくとも設定した番号以外では開かないことを確認してもらわないと不思議さが半減すると思ってます。
現象が起きた後にその番号以外では開かないことを確認してもらうのでは現象がぼやけてしまうというのが私の考えです。
まあ、この辺りは間のとり方とか見せ方の工夫の範囲だとは思いますが。
Posted by shadow at 2014年06月28日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。