2011年10月23日

ザ・サードアイ

季節の変わり目のせいか(気温の変化が激しいからねえ)、単に仕事が忙しくて疲れているのか、最近、体調が悪い。マジックも本やDVD見てないし、練習もしてない。いかんなあと思うのだが、なかなか気力が出ない。とういうわけで、とりあえず、書き溜めた記事をupしておく。

それでも一応、出張のついでにテンヨーのディーラーさんのところの寄って、今年の新作を買ってみたので軽くレビュー。

とりあえず「ザ・サードアイ」。大変気に入った。先に言っておくが「マジックとして不思議か」と問われると微妙である。明らかにカードに仕掛けがあるとわかるし、「第三の目」がどういう働きをしているかも想像がつく。「なぜ選ばれたカードがわかるのか」という点においてはマジックとして成立していると思うが、不思議さは通常(って何だろう)のマジックに比べると劣ると思う。そういう意味ではメンタルマジック好きの私の好みからはずれたマジックであるはずである。

しかし、そんな話がふっとぶほど、このマジックは面白い。マジシャンがカードを当てるのは当然として、「第三の目」を観客に渡すと観客も選ばれたカードがわかるのである。これは楽しい。場の空気を読まないといけないが、場を盛り上げるネタとしてはかなり使えそうだと思った。「観客にカードを当てさせる」というマジックは他にもあるが、これはビジュアルでわかりやすく受けやすいと思う。思わず笑いたくなるくらい。使えそうな場面では使ってみたいマジックだと思った。

「おしい」と思うのは水戸マジッククラブの例会でも話題になったけど、5枚から選ぶのであれば、ESPカードバージョンも作って欲しかったところ。ちょっとカードがネタ過ぎるというか、最初からパーティグッズ的な使い方を想定していたんじゃないかと思うけど、そこはもうちょっとマジックとしての雰囲気も残して欲しかった。付属のカードでは、トランプ以外では角度の問題が生じる可能性があり(囲まれてはできない)、そこがおしいと思う。現状ではトランプ以外を使う気になれない。で、トランプだと当てる頃には忘れられているというリスクがあるのも気になる。

というわけで、ギミックそのものには満足している(原理はわかってないけど)。ただ、付属のカードはもうちょっと考えて欲しかったと思う。でも、うまく使うと確実に場が盛り上がるので、うまく使ってみたい。

posted by shadow at 04:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。