2004年12月07日

初心者が勉強するなら

初心者がマジックの勉強を一から始めるというときにはどうすれば良いのであろうか。そのことについて初心者の私が偉そうに書いてみたい。
メディアとしては本、ビデオ、DVDが考えられる。私は本が一番使いやすいと思う。それはじっくり確認しながら、考えながら見ることができるからである。ビデオとDVDは動画で見れるので手順や細かいところも確認できて良いというのは優れているが、「あのマジック何だっけ?」と思ったときに頭出しが面倒ですぐに見れないとか、そもそも、ビデオやDVDの電源を入れてTVで見るというのは、「すぐに見れない」という意味でマイナス。なので、私としては、本を見ながら、自分で試しつつじっくり覚えていくのがいいんじゃないかと思う。ビデオやDVDはその補助として使うと効果的なんじゃないかなあと思っている。
じゃあ、どんな本がいいのかという話になるのだが、私はカードマジックにこだわって、ネットで調べたところ、どうやら以下の4冊がお勧めらしい。

ラリー・ジェニングスのカードマジック入門以外の3冊は買ったので少しコメントしておくと、初心者には「ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ」がお勧めだと思う。文章が細かいことまで書いてあり、絵も多く、初心者がおさえるべきポイントをしっかりおさえているという印象がある。
カードマジック事典とカードマジック入門事典は「事典」であり、正直わかりやすいとは思わない。どちらも大量の手品がのっているので、これがあればネタに困るということないだろうから、そういう意味ではお勧めであるが、技法の勉強としてはややわかりにくい。まあ、カードマジック事典の方は技法も網羅的に多く書いてあるので、まさしく「事典」として使う分にはかなりいい本である。ロベルト・ジョビーのカード・カレッジにはのっていない技法がカードマジック事典にはのっているというのはよくある。
とまあ、そういうわけで私はカードマジックについては3冊買ったわけである。これで技法の練習をしつつネタを覚えていっているわけだ。技法の方は覚えながら読んでいっているのでなかなか進まないけど、コツコツやっていくしかあるまい。
posted by shadow at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | マジック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

カードカレッジ第1回:入学
Excerpt: まずはコレを始めたキッカケなど書いてみたいと思います。 マジックには小学生のときから興味があって、近所の本屋で買ったマジックの本が始まりでした。 タイトルは忘れてしまいましたが、確か関輝雪さん..
Weblog: カード・カレッジ
Tracked: 2011-01-16 01:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。