2014年04月13日

学習塾でのマジックショー

今さらながら、3月に行ってきた毎年恒例の学習塾のマジックショーについて書いておく。書いておかないとい来年自分で困るので。毎年「去年は何やったっけ?」と見直してから演目考えているから。いつもながら20分弱くらいやった。で、これもいつもながらメンタルマジック全開で。今年の演目は以下。

(1)フリーダイヤル
(2)クロノログ
(3)テクニカラーバンクナイト
(4)プロスペローの本
(5)フォーシングパッドを使った予言

20分で5演目はまあ、演出もいれればそんなもんかという気がする。いつも予言に偏るので今回はちょっとバランス取ってみたつもり。まあ、それでも予言が多いのだが、こればっかりはレパートリーがそうなのでしょうがなく。
どの演目も過去にやったことあるものばかりであり、そういう意味では新鮮味はないかな。まあ、あまり無理をする必要性を感じなかったので、無難というかやり慣れたところでまとめてみた。

(1)はこの学習塾でのショーでは定番となりつつあるネタで道具が小さいのが難点だが、それなりに演出を入れれば十分いけていると思っている。かなり驚かれるいいネタだと思って愛用している。

(2)は、普段の毎月のマジックショーでもよくやっているネタであり、あまり言うことはないかなあ。手堅いネタだと思っている。

(3)もこのショーでは定番になっているネタ。サッカートリック風なのが楽しいところ。演出は完全にテクニカラープリディクションなのだが、カジュアルな雰囲気が出る気がして財布で演じるのはお気に入り。実は去年は失敗したのだが今年は大丈夫だった。

(4)は以前にも試したことがあって、荷物がかさばるのちょっと嫌でしばらく封印していたが、予言以外の現象を入れたくて今回復活させてみた。かさばると言っても本2冊用意するだけなんだけどね。うーん、反応が微妙だった気が。演出がうまくいっていないのか、それほど不思議に見えないのか。まあ、よく考えると、「なぜ本2冊いるの?」という話もありそうで、その辺が微妙か?本を渡して適当なページを開いて、読んでもらって…とやるのが自然だと思われればその通りという気がする。演出を工夫するか、そういう手順でもできるのにするか(一応、あることにはあるので)。ここら辺は課題かな。予言以外の現象を増やすという意味での課題でもあるし。

(5)は、もうこのショーでのトリとしていつも愛用していて、まあ、反応の濃さ薄さが毎年結構バラついていて(そもそも演出が安定してなくて)、安定していない感はあるが、現象としては面白いので気に入って毎年やっている。

うーむ、新ネタがないので、あまり書くことがない。とりあえず、(4)のところをどう考えるかが課題。予言以外でいいネタないかねえ。来年に向けて(ってちょっと気が長い?)何かネタを用意したいところ。

posted by shadow at 00:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。