2014年02月23日

グレゴリオ

久しぶりの更新!正直ネタ切れ。「面白そうだから買ってみよう」と思うネタが最近なくて。メンタルマジックに凝っているせいか、新製品見ても「あぁ、こんな感じのネタだよね」と思うことが多く、新鮮に感じないし、あまり魅力を感じないことが多くて。

そんな中、お気に入りというわけでは残念ながらないが、「結構実用的でいいんじゃない」と思ったので、グレゴリオを簡単にレビューしてみる。
この現象については前にもまとめてレビューしたことがあるので、興味があればそちらも見てみて下さい。

結論から言えば、私の感想は「実用的だとは思うけど、私はクロノログの方が好き」である。まあ、クロノログは日本語版を自作したくらいなので、ちょっと思い入れがあるというのはあるけどね。

先に悪い点を書いてしまうと、スケジュール帳が手渡し不可。この現象でスケジュール帳を手渡ししないというのは、マジシャンにとって都合が良い面が多く、原理上のかなりの制約を解決できる。が、その分、現象のクリーンさがかなり失われる(と、私は思う)。現象からすれば、一番怪しい道具はスケジュール帳なので、それが手渡し不可なのはクリーンじゃない気がする。クロノログを始め、スケジュール帳は手渡しして、観客が自分で思った日付けを探すという演出は私は重要視したい。マニアなこだわりかもしれないけど、私はこだわりたい。思った日付けを聞く前に手帳を渡すことができるというのが、私がクロノログで一番気に入っているところでもあるし。
あと、これは原理上そうなっているんだけど、スケジュール帳もじっくり見られると都合の悪い面がある。正直、動画を見て「原理はこうかな。そうだとこういう問題ありそうだけど…」と思ったら、まったくそのままで、問題と思ったところもそのままでかなりがっかりだったというのもあって。まあ、この点はこの原理(というか現象というか)ではトレードオフの関係にあるところで、私はクロノログくらいのバランスがいいと思っているというだけの話という気もするし、好みのあるところかなという気もする。演技としてはじっくり見せなければいいので、そういう意味でも手渡ししないというのは、一貫しているとも言える。

良い点は、あまり無理がなく実用的というところか。トラブルになりにくいし、演技上、注意すべきような難しいところもあまりなさそう。もちろん、マジックを盛り上げるための演出とかそういう話はあるけど、それは別に、このマジック特有の問題でもないし。

で、現実問題、例えば「クロノログがお勧め」と言ったところで取り扱っているお店は日本にあまりないし、あっても手帳は英語しか書いてないしで、演じるとなると大変。なので、この現象のマジックを演じてみたい人にはグレゴリオは現実的なマジックとしてお勧めの部類になると思う。

posted by shadow at 18:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | レビュー(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。