2013年09月07日

Oracle Pad V2.0

「マジックをまったくやってないわけじゃないんですよ」アプールのために更新。まあ、最近は本をじっくり読んだり、技法を練習したりという感じじゃないので、気になったネタ物を買うだけなんだけど。メンタルマジック中心だとそれでもあまり気にならない(ということにしておこう)。

というわけで、最近購入したオラクルPad V2.0を軽くレビュー。V1.0は持ってないのでその差は知らない。結論から言えば、私は気に入ったが値段分の価値を感じるかは本当に人それぞれでしょう。

ある意味、非常にレビューが簡単とも言える。なんせ現象はリンク先の動画の通りで「スワミギミックでできることはたいていできる。できないことはできない」と言い切ってほぼ問題ないギミックである。(たぶん)スワミギミックの方が応用範囲が広いので、「スワミギミックでできてオラクルPad V2.0ではできない」ことはそれなりにありそうだが、逆はたぶんない。オラクルPad V2.0ではこの手帳にしか書くことができないのだから当たり前。
だから、スワミギミックを使える人にははっきり言ってほぼ無用のギミックである。いや、まあ、手が完全に空とか、長所があるけど、そこに値段分の価値があるかというとかなり微妙な話ではないだろうか。
だから、私が気に入ったというのは私がスワミギミックを使いこなしていないという点がかなり大きい。前にも書いたけど(その1その2)、ブーンライターは私の体質に合わず使いにくい。他のもいくつか試してみたけど、色々大変(練習が足りないだけと言われると反論できないけど)。

オラクルPad V2.0はギミックとしてはよく出来ていて、さすがに色々と楽。手が空というのはやっぱり楽でいい。これなら「やってみようかな」という気になる。例によって精密なすごいギミックというわけではなく、値段の大半はアイデア料だが、自作が簡単な訳でもなく、まあ、こんなもんかと「私は」思う。
という感じで既に良いところは説明完了な気がするので悪いところを。リンク先の文章が色々と… うーん、種に触れないように説明するのが難しい。リンク先の動画では肝心なところが省略されているけど、それはそういうことなわけで。それでも、動画に写っている範囲でこのギミックの制約というか、不自然なところは一部写っているので気になる人はよく見てみて下さい。
他にはリンク先に「予言を書いた面(カバーされている)は常に観客側にあります。」とあるが、現象面から考えて「それは本当に長所なのか?」ということ。逆にスワミギミックなら手帳の向きを変えることなく、観客に自然にそのまま示すことができるとも言えるわけで。カジュアルな自然さとでも言えばいいだろうか。演技がスムーズで自然。この点に関してはスワミギミックの方が勝っているのではないかという気がする。

私はこのギミックは十分実用の範囲だと思うが、値段と効果を考えるなら、スワミギミック使える人はスワミギミックで十分だと思う。私のようにスワミギミックが苦手だけど、この手の現象をやりたいという人には価値があると思う。もちろん、値段分の価値があるかは人それぞれ。

posted by shadow at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(メンタル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。