2013年06月22日

独参湯メンタル・クリエイションズ

更新がすっかり滞っており…忙しいのよ。もう、来週なんて6月〆切の仕事とかあったり、色々とあって考えるだけで憂鬱な気分になれるよ。

さて、久しぶりにマジックのDVDを見たので軽くレビュー。長谷和幸氏のクリエイションズシリーズの最新作である。過去3作品のレビューは以前に書いたので興味があれば見て下さい(クリエイションズモア・クリエイションズレイター・クリエイションズ)。奇抜なアイデアの良質のマジックが多い印象でお気に入りのシリーズである。
今回もマジシャンにはおなじみのギミックの奇抜な使い方が面白かった。気に入った手順から順にあげていくと、まずは「ミステリー・ダイスボックス」。これは、もう、私が前々から達成したかった現象で完全にツボにはまった。この現象を知ったのはトリックスの百発百中ダイスである(マジック名で検索すると当ブログが3位に表示された)。ただ、このマジックは道具が壊れやすいという欠点があり、実際、私は2つ壊してそれ以来買ってない。かさばる割に壊れやすいので面倒。似たギミックとして、タイニーダイスベースというのもある。まあ、こちらの方ができる現象は多いのだが、百発百中ダイスと同じことも可能で道具に高級感があり、壊れにくくいいギミックだと思っている。しかし、百発百中ダイスと同じ使い方をしようとすると、フタがないのが実はかなりネック。ちょうどいいフタがあればなあと思いつつ、逆に道具の高級感に合わせにくく、ちょうどいいのは見つかっていない。
そんな感じで、この現象には大変興味を持っていたが、いいギミックがないという状態にあった。そこで、このDVDで見て、「これだ!」と思い、とっとと必要な道具を揃えた。少し自分でやりやすいようにギミックを調整したが、現象自体は非常に簡単に達成できていい感じ。使うサイコロの選定もちょっと手間がかかったが(3つくらい買って試した)、まあ問題ない範囲(だと思う)。早速、マジシャン相手に見せてみるがいい感じ。道具の大きさも程良くレパートリーになりそうなマジックである。

原理的に一番感心したというか、驚いたのが、「ポール・レビレーション」。いやー、まさかあのギミックにそんな使い方があるとは。持ってなかったので、このギミックもすぐに購入。ただ、演じるとなると中々難しい。家で試したときはすんなりきれいにうまくいったのにマジシャン相手に見せたときにはうまくいかずに苦労した。何が違ったのかはよくわからない。お札の丸め方とかにコツがあるのかもしれないが、まだ十分検討できていない。ただ、繰り返すが原理には驚いた。

実用性という面では「セレンディピティ」も面白いと思った。ワンデックでやるDo as I doということで、解説を聞くと「え、そんなのありそうな原理じゃん」と思うし、長谷氏もそう思ってよく確認したらしいが発表されていないとのこと。うーむ、これが盲点という奴か。だから原理的に驚くものではないが、単純にDo as I doがワンデックで出来るのは実用性が高いと思う。Do as I doって現象がわかりやすいのと、マジシャンが常に操作の見本を見せているわけで、観客が間違いにくいというメリットもあり、現象として使い勝手がいいマジックだと思っている。しかし、2デック用意するのは面倒だし、実際問題、普段2デックは持ち歩いていないので、それがワンデックでできるなら十分実用性が高いと思う。

現象としては「アウト・トゥ・ルームサービス」も好みの現象と言える。現象を複雑にせず、原理的にもシンプルで道具もシンプルでいい感じ。手順に無理はなく、それでいて説得力が高い(気がする)のは魅力的。とは言え、ルームキー、ペン2本、メモ帳の束とちょっと使う道具が多いような気がしなくもない。そこがちょっと微妙かなあ。

残りはまあ、現象としては「センターテア」なわけで、ここは完全に好みの世界かなあと思う。ハンドリングとしては「ヒドゥン」は面白いと思った。あとは本当に好みの世界で何とも言いにくい。私は紙を燃やす手順は好きじゃない(燃やす準備とか考えるとやる気にならない)ので、正直なところ、よく工夫されていて実用性は高そうだとは思ったけど、使ってみる気にはならない感じがした。このDVDを見た後でもセンターテアはオスタリンドのやり方が一番好きである。しかし、くどいようだがこれは好みの問題でセンターテアのやり方を工夫したい人にとっては価値のあるレクチャーではないかと思う。

というわけで、今回も期待を裏切らない内容に満足。

posted by shadow at 20:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | レビュー(DVD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。